敏感肌化粧品なら安心して使用できる|綺麗になる魔法のアイテム

女の人
女の人

敏感な肌を守る

敏感肌化粧品を購入する際には配合されている成分に注目するようにしましょう。自分に合わない成分が分かっている場合にはその成分が入っていないか、パッケージをよく見るようにしましょう。敏感肌化粧品を使い続ける事で敏感だった肌が安定してきて多少の事ではゆるがなくなるというメリットがあります。

化粧品

セラミドはおすすめ成分

敏感肌化粧品に取り入れたい成分は、保湿力が高く肌を保護してくれるセラミドです。避けるべき成分は、アルコールや防腐剤、香料などの刺激を与える成分です。敏感肌化粧品の価格は、メーカーや配合成分によっても変わりますが、3千円から5千円が相場です。

肌のターンオーバーを促進

スキンケア用品

炎症を抑える

敏感肌の人は、普通の化粧品を使うと痒みがでたり、炎症を起こして赤くなるなど、肌トラブルになる可能性があります。そのため、敏感肌と自覚している人は、敏感肌化粧品を使うのが賢明でしょう。敏感肌は、生まれつきセラミドの量が少なく、細胞と細胞の隙間が開いており、肌のバリア機能が整っていない状態の肌のことです。そのため、敏感肌化粧品には、これらの症状を補える成分が配合されています。敏感肌化粧品に含まれる主な成分は、保湿作用のあるセラミドや、抗炎症作用のあるグリチルリチン酸やカミツレエキスです。セラミドには水分保持機能を高め、ターンオーバーを促進する作用があるため、セラミドの量を補いながら、肌のバリア機能を高める効果があります。グリチルリチン酸やカミツレエキスは、炎症やかゆみ、アレルギーなどを抑える作用があるため、外部の刺激から肌を守る効果があります。これらの成分が配合されている敏感肌化粧品を使うと、肌質が改善し、潤いのある健康的な肌に近づくことができるでしょう。また、敏感肌化粧品は、刺激に弱い敏感肌のために、添加物が配合されていないものがほとんどです。普通の化粧品には、界面活性剤や防腐剤、香料などが含まれていると、刺激によって肌が炎症を起こす可能性があります。その点、敏感肌化粧品は、刺激が少なく安心して使うことができるのがメリットです。肌荒れの原因を排除し、バリア機能を高める成分が配合されたものが、敏感肌化粧品の定義と言えます。

鏡を見る人

乾燥を予防する化粧品

乾燥肌がひどくなると、普通の基礎化粧品の成分で肌荒れしたり、赤くなったり、ひりひりしたりすることがあります。そうなったら敏感肌です。敏感肌には、ピュアな成分だけを使っている敏感肌化粧品がおすすめです。